【E4系新幹線Max】観察日記

6/19(土)


昨日、JR東日本「E4系新幹線」の定期運用最終日が10/1に決定したというニュースが流れました。
2階建て新幹線が消えるまで残り3ヵ月少々ということで、今日の日記はE4系新幹線の簡単な車内探訪をしてみたいと思います。
東京駅から上越新幹線「Maxたにがわ」に乗車する機会があったので、この時撮影した写真を並べてみます。


●外観
東京駅にて折返し整備中の様子。清掃中のため乗降ドアは閉扉しており、まだ乗客は車内に入ることはできません。
この時乗った「Maxたにがわ」は16両編成だったのでE4系8両×2本併合という形。特徴的な先頭車の連結部分8号車・9号車から観察。
ちょうど先行発車のE2系がいたので、手持ちスローシャッターで一緒に撮影してみました。同じピンク帯のようですが、E2系のほうが明るい色のピンク帯となっています。
東京駅ではホームが曲がっているため、16両すべてをストレートで撮る事が出来ません。ホームにはほぼ人がおらず、朱鷺のロゴマークを絡めて撮影。


●車内
デッキに入ると上下に分かれる階段があり、それぞれ2階・1階客室につながっています。
真ん中の柱のようなもの、内部に小型エレベータが設置されており車内販売用の軽ワゴンは階段を使わず、このエレベーターで運ぶような仕組み。
よく見るとエレベーター用の取っ手、作動ボタンが付いています。


客室はグリーン車・普通車に分かれており、グリーン車はすべて2階部分に設置されています。客室の壁側座席(いわゆる真ん前が壁の席)は通常人気がないのですが、E4系はオットマンに用いる「小型足置き」が別に用意されており、わざわざ壁側座席を買う人がいるほどの人気。
座席は2+2シートが基本でゆったりとした座り心地。


普通車は3+2シートが基本で、リクライニング・座面スライド機構あり。標準的な新幹線の座席配置です。
座席のシート柄は「青基調」「カラフル柄」があります。じつは座席のシート柄には名前がついているようで・・・
【青基調】トライアングル
【カラフル柄】トロピコ
・・・というそうです。


なお、普通車のうち1号車~3号車(9号車~11号車)の2階部分は、悪評名高い3+3シートで、いわゆる横6人がけシート。
しかもリクライニング・座面スライド機構などが無い座席構造。この座席に座るとE4系新幹線に与えられた「通勤新幹線としての役目」を味わえます!!


●その他
最後に「新幹線の公衆電話」についてお話したいと思います。
E4系新幹線よりもさらに早く役目を終えるのが、じつはこの新幹線公衆電話なのです!
携帯電話の普及、トンネル内での携帯電話による通話が可能となった事などを受けて今年6月30日で廃止されます。
これはE4系に限ったものでなく、JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州も同様。
2021年3月18日にプレス発表されているので、参考に見ていただくのも良いかと思います。

【ノースレインボー】特急ニセコ、運転時刻

6/15(火)


すでに時刻表にも掲載されていますが、今年9月に運転される臨時特急「ニセコ」の時刻です。


●上り9012D、臨時特急「ニセコ」
札幌7:57→函館13:40
9/4~6、9~19運転
キハ183系5200番台ノースレインボーエクスプレス


札幌757
手稲810
小樽844
余市916
倶知安1004
ニセコ1018
昆布1029
黒松内1107
長万部1137
森1221
新函館北斗1324
五稜郭1336
函館1340


●下り8011D、臨時特急「ニセコ」
函館13:58→札幌19:29
9/4~6、9~19運転
キハ183系5200番台ノースレインボーエクスプレス


函館1358
五稜郭1403
新函館北斗1422
森1457
長万部1558
黒松内1618
昆布1655
ニセコ1711
倶知安1735
余市1820
小樽1843
手稲1915
札幌1929


※2021年6月号「JR時刻表」では、「リゾート気動車2階建車両連結で運転」の表記あり。
※写真はキハ183系5200番台ノースレインボーエクスプレス。

【ノースレインボー】今年9月、特急ニセコへ登板!!

6/14(月)


「フラノラベンダーエクスプレス」の座を新鋭のキハ261系5000番台へ譲り、活躍の場がいっそう減ってしまったキハ183系ノースレインボーエクスプレスさん。(略してNREXさん)


もうダメかぁ~!と思っていた矢先、なんと9月の臨時特急「ニセコ」へ登板決定!!
しかも半月近く走ります。長い編成が山線に入ってくれるのは大歓迎♪
・・・が、じつは半信半疑(>_<)
こんなご時世なので、「設定取りやめ」の可能性が少なからず残っており安易には喜べません。


それともう一つ、過去に痛い目にあった「実体験」があるので、そちらも少しご紹介!!
まずは写真を1枚ご覧くださいませませ。


↑の写真は2018年9月4日撮影分、同じように運転された臨時特急「ニセコ」のものです。
2018年に設定されたキハ183系「ニセコ」の概要ですが・・・
●運転日
2018年9月1日~4日、6日、7日、9日~11日
●運転時刻
札幌7:57→函館13:41
函館13:57→札幌19:27


山線にキハ183系が走る!しかもHMは「ニセコ」!
貯めていた長期有給休暇を投入、カーフェリーに車を積み込んで渡道。
しかしフタをあけてみれば台風接近、そして9月6日の胆振東部地震発生でなんとたった3日間だけ運行して終了!!
先程の写真は2018年9月4日の札幌行「ニセコ」なので、2018年最後の特急「ニセコ」がまさかこの列車になろうとは・・・


こんな体験もあったので、2021年9月はコロナ禍も終息して「山線フィーバー」に恵まれるよう祈るばかりです。
北海道新幹線・札幌開業後は「山線」そのものの存続も少し怪しいかもしれませんし・・・
景気づけに山線で撮った写真を何枚か貼らせていただきます。
スラントノーズ車、相変わらずカッコええのぉぉぉぉ~(^^♪

【E4系撮影】快走!!P・P編成

6/9(水)


上越新幹線撮影地 ~その●~の候補写真の一つです。
緊急事態宣言が解除されていない現状ですが、解除された暁には正式に撮影地情報としてご紹介したいと考えています!


引退迫るE4系新幹線の併合編成(P・P編成)の写真で、引退ステッカー貼付け前のもの。
この撮影地、けっこうシビアな調整が必要なのですが、ストレートで最後部まで写し込めたので良かったなぁ・・・と思います。


上越新幹線の撮影地情報については、現在のところ「その1」~「その4」までブログ掲載していますが、ストック的には「その10」あたりまで用意しています。
コロナ禍のせいで撮影地情報が出しづらいのはやむを得ないといったところでしょうか・・・
;つД`)


E4系新幹線の最終運転日(引退日)に出す予定の写真についても、実はすでに撮り終えています。
この写真がもっとも良く撮影できたもの・・・になる予定ですので、まだ先の話ですがお楽しみに!!
ちなみにタイトルは「2階建て新幹線、栄光の終着駅へ」にしようかと考えています・・・

宇宙軒🛸Sカーブ

6/5(土)


本日の写真は、JR北海道・室蘭本線にて撮影した寝台特急「トワイライトエクスプレス」(札幌行)です。
撮影地は室蘭本線の中でもっとも有名(?)な「宇宙軒Sカーブ」。
カシオペア・トワイライト・北斗星の3本走行の日は、この地を訪れるファンの数も多かったように感じました。
カシオペア・北斗星だと編成が長すぎて最後部まで見渡せなかったのですが、トワイライトは最後部までキッチリ入るため撮りやすかったです。


ここでは雨も降っていないのに傘を差しながら撮影する方もいらっしゃって、「なぜなのか?」と聞いてみたところ・・・
「上の木々から毛虫🐛がボタボタ降ってくるから」との返答!!
( ゚Д゚)!!なんと
首の後ろへ毛虫が降って来た挙句、刺されてかなり笑えない状況になった方もいるそうで・・・
傘を持ってきていなかった私は終始、毛虫🐛に気を付けながら撮影することとなりました。


それはそうと・・・DD51重連ってなんでこんなにカッコいいのかしらん♪
タマランチ会長です(^^♪