12/31(木)


皆様、2020年も色々とありましたが、おつかれさまでございました!!
あと10時間少々で2020年ともお別れです。
;つД`)
今年最後の日記更新ですが「撮り鉄ネタ」からは少し離れて、景気のいい話で締めたいと思います。

先日、貨幣コレクターの方より面白いものを見せていただいたので、その時のお話になります。
2020年7月、東海道新幹線にデビューした最新鋭新幹線「N700S」、皆様はもうご覧になりましたでしょうか?
私は東海道・山陽新幹線で撮り鉄していても、たったの一度も見かけられませんでしたがッ・・・
⊂⌒~⊃。Д。)⊃~☆

そのN700S運行開始を記念して発行された「新幹線N700S 公式法定貨幣」を、間近で見学させていただきました。

白い化粧箱に収められておりますが・・・
これを開けてみると・・・

木の箱に「2020年 新型車両N700S 運行記念法定貨幣」の文字。
そして下部には「金貨」「銀貨」の文字が!!
貨幣コレクションとはまったく縁のない自分ですが、心躍ってしまいますね。コレは♪
(‘Д’)!!

フタを開けると、そこには大小の「金貨」「銀貨」が並べて収められていました。
第一印象は、「なんとも眩しい輝き」―
JR東日本商品化承諾済、JR東海承認済という取扱書も同封されており、本物は伊達じゃないという事か!
ついつい見とれてしまいました・・・
取扱書によるとコインの詳細は次のようなものだそうです。

●金貨
1/2オンス、純金金貨
満開の桜と富士山、そして日本の伝統文様を背景に走り抜けるN700Sの雄姿―

●銀貨
5オンス、純金銀貨
晴れ渡る東京駅丸の内駅舎を背景に、今にも飛び出さんばかりのN700Sの姿―

硬貨は「英連邦クック諸島政府発行」の公式貨幣だそうで、「発行証明書」なるものも同封されていました。
ちなみにクック諸島がよく分からない私は、発行証明書の裏面に書かれている解説も読んでみました。

◆クック諸島
クック諸島は、ニュージーランドと自由連合関係にある英連邦の独立主義国家です。
南太平洋に浮かぶ小さな15の島からなる。
この国の総面積は240平方キロメートル。
クック諸島という国名は、この島々を1770年代に発見したあの有名な探検家、ジェームズ・クック船長にちなんでいます。

財務省 マーク・ブラウン閣下(サイン付)

う~ん、現地でどれくらいの貨幣価値か?私にはさっぱり分かりませんが、貨幣コレクターの方はこのあたりは気にしていない様子。
2020年という節目の年を忘れず、記念に飾っておくにはもってこいの「鉄・コレクション」だったなぁ・・・と感服してしまいました。
(*^^)v

さて、2020年もブログ閲覧いただき、この場を借りて御礼申し上げます。
2021年も皆様にとって良い一年となりますように―
(終)