8/18(水)


JR東海・紀勢本線へキハ85系特急「ワイドビュー南紀」を撮りに行った際の写真。


しかしこの写真に写っている車両はお目当てのキハ85系ではなく、普通列車のキハ25形。
キハ25形は引退が決まっている訳でもなく、撮影対象として見てもキハ85系のほうがはるかに格上の存在。
撮った時点でもキハ85系狙いだったのは間違いないのだが、最終的に選んだ写真に写っていたのはこのキハ25形でした。


理由はこの風景にマッチしている役者が、最終的にはこちらだった・・・という事。
天気や時間帯、ちょっとした立ち位置の変化、特有の条件変化でこの役者もコロコロと変わってしまうのがローカル線撮影の面白いところ。
車両か?はたまた風景か?
自分はどちらを活かして写真を撮りたいのか?


現地で考えれば考えるほど悩むときもあり、直感や感覚といった要素も写真撮影には欠かせないものかなぁ・・・と考えさせられました。