9/22(火)


風前の灯となった四国エリアの国鉄型気動車。
急行列車だけをみても、阿波・いよ・あしずり・土佐・よしの川・むろと・うわじま等、味のある小型ヘッドマークを掲げた様々な列車が四国島内を走っていました。


キハ58・65も消え、急行列車すらも無くなった今日にあって、四国島内でもまだキハ40系を使った普通列車の姿を見ることができます。
JR高徳線を走る314D列車もその一つで、引田駅7:11→高松駅8:51というスジで走る稀少列車!


四国に行くと特急列車ばかり撮影し、普通列車の撮影は・・・
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
という事も多々あるのですが、キハ40系を「撮り逃がす」という選択肢は無し。
少しでも長~く、走り続けていただきたい存在です(^^♪