室蘭本線撮影地 ~その9~

室蘭本線 礼文~大岸
苫小牧方面へ向かう下り列車を撮影できるポイント。
礼文駅にて下車、駅前の道を約50mほど進み道道608号線とぶつかる交差点を左折、そのまま道なりに約600mほど進んだ線路脇が撮影ポイント。
礼文駅からは約0.7km、徒歩8分前後の距離。
http://yahoo.jp/7arFOF
光線状態は午前遅め順光。付近に商店・トイレ等はありません。礼文駅前付近に自販機が設置されています。
作例は現場12:26頃通過の下り9085D、特急「北斗85号」のもの。
2015/8/11撮影

室蘭本線撮影地 ~その8~

室蘭本線 大岸~豊浦
苫小牧方面へ向かう下り列車を撮影できるポイント。
豊浦駅にて下車、駅前正面の道を大岸駅方向へ約3kmほど道なりに進む。途中、室蘭本線の線路をくぐった少し先、右手に豊浦町噴火湾展望公園と書かれたゲート状の看板が見えたらここを右折。
一本道に沿って進んで行くと展望塔があるのでここの最上階展望台が撮影ポイント。
豊浦駅からは約3km、徒歩30分前後の距離。
例年11月中旬~翌年4月下旬頃までは冬季閉鎖中となっているので注意が必要。
http://yahoo.jp/GtA0oJ
車利用の場合はR37号線を進み、道央道・豊浦噴火湾PAの真横付近から上記の展望公園へと進むことが出来ます。展望台前には駐車場もあり数十台の駐車が可能。
光線状態は午前順光。
展望台は入場無料で1Fにはトイレ、自販機、軽食コーナーなども設けられています。なお最上階展望台は飲食禁止となっているほか、撮影時は他観光客の方の迷惑にならないよう配慮が必要。
(作例上)下り2051列車。
(作例下)下りキハ150系、上り5006D特急「北斗6号」離合。
(作例上)2015/7/15撮影
(作例下)2015/7/15撮影

室蘭本線撮影地 ~その7~

室蘭本線 北舟岡駅
内浦湾と上下線の列車を撮影できる撮影地。
北舟岡駅にて下車、上りホームと下りホームを結ぶ跨線橋が撮影ポイント。
http://yahoo.jp/ElT8Wz
光線状態は下り列車に対して午前順光、上り列車に対して午後順光。
駅前には待合室とトイレが設置されています。
駅前の一本道を進み最初の交差点を左折、約400mほど直進すると左手に「湯らん銭」があり日帰り入浴可能。
飲食料等は事前調達が必要です。
(作例上)下り8009列車、寝台特急「カシオペア」
(作例下)上り8008列車、寝台特急「北斗星」
(作例上)2015/7/11撮影
(作例下)2015/7/10撮影

室蘭本線撮影地 ~その6~

室蘭本線 礼文~大岸
両駅間のほぼ中間地点、カムイチャシ史跡公園にて上下線の列車が撮影できるポイント。
大岸駅にて下車。駅前の道を左折し道なりに約1.8km進んだ先、カムイチャシ史跡公園の看板が目印。
公園入口の階段を登った中腹あたりが下り列車に対するポイント、階段を登り切った場所が上り列車に対するポイント。
大岸駅からは約1.8km、徒歩22分前後の距離。
http://yahoo.jp/Uc62bp
光線状態は下り列車に対して午前順光、上り列車に対して午後順光。
公園の看板付近にトイレ・水道が設置されています。大型駐車場もあり駐車可能。撮影地付近に自販機・商店等は無いため、飲食料等は事前調達が必要です。
(作例上)上り5010D、特急「スーパー北斗10号」
(作例下)下り8007列車、寝台特急「北斗星」
(作例上)2015/7/15撮影
(作例下)2015/7/10撮影

室蘭本線撮影地 ~その5~

室蘭本線 長万部~静狩
苫小牧方面へ向かう下り列車を撮影できるポイント。
長万部駅にて下車、R37号線を苫小牧方向へ線路沿いに進み約5kmほど直進。道路上に設置されたオービスがあるので、これを過ぎてすぐの交差点を左折した先にある「第1道路踏切」付近が撮影ポイント。
http://yahoo.jp/KIaQ2U
光線状態は午前早め順光。
早朝時間帯の寝台特急「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」が良い光線状態で撮影可能。
付近にトイレ・自販機・商店などは無く、飲食料等は事前調達が必要です。
作例は現場8:34頃通過の下り1列車、寝台特急「北斗星」のもの。
2014/8/25撮影